ほぼ日のお店 TOBICHIで手帳を買うとおまけがついてくる

※本サイトはアフィリエイトプログラム広告を利用しております
Pocket

ほぼ日手帳」を使い始めて3年目。今まで様々な手帳を使ってきましたが、こんなにも長く続いた手帳は初めてです。

「ほぼ日手帳」には大きさや中身の異なるいくつかのシリーズが販売されています。私が愛用しているのは「ほぼ日手帳 weeks」という縦長で薄いタイプのもの。開きやすい、書きやすい、かさばらない、軽い、などの利点が私にとってちょうどよかったのです。

weeksだけでも様々なデザインが用意されています。結構どれもかわいくて迷ってしまうものばかりなのですが、なんだかんだ言いながら毎年選ぶのは一番ベーシックな「ホワイトライン アイボリー」なんですよね。

ほぼ日手帳 weeks ホワイトライン アイボリー

このホワイトラインの黒と白のタイプは、表紙がやわらかくすごく気軽にページを開けるのが特徴。このぐにゃっと雑に扱える感じがお気に入りでした。

でも、今年はなんとなく違うものを選びたいなという気持ちに。。ホワイトラインは3年間も続きました。次の3年は全く違う3年にしたい!手帳が変われば人生変わる!そして選んだのがこれ!

ほぼ日手帳 カラーズ ウルトラマリン

ほぼ日手帳 weeks カラーズ ウルトラマリン

やっぱり青が好きなんですよね〜。実際の色は上の写真よりももっと薄めなので、濃い青が好きな方はご注意下さい。実物を見て買われることをお勧めします。私はこのウルトラマリンの色、とても気に入ってます。

手帳の横に付いている黄色ボールペン、こちらは「ほぼ日」のオンラインストア、もしくは、ほぼ日が展開している店舗「Tobichi(トビチ)」で購入した場合のみ、おまけとして付いてきます。ハンズやLOFTで買っても付いてきませんよ。

そして今日、はじめてそのTobichiに行ってきたんです!!

ほぼ日のお店 Tobichi

青山の表参道から徒歩で12分くらいでしょうか。ちょっと遠めです。表参道駅を出た交差点から根津美術館方面に向かい、ちょうど根津美術館のある交差点で左折、しばらく行くと右手に見つかります。Tobichiと書かれた看板は出ていないのでわかりづらいかもしれませんが、写真にも写っているとおり、ちょうど信号の真ん前ですので、それを目印にされるといいかもしれません。

店内の様子はこちら。ほぼ日手帳はもちろん、ほぼ日のサイトでもおなじみの商品が揃っています。

ほぼ日のお店 tobichi 店内 ほぼ日のお店 tobichi 店内 ほぼ日のお店 tobichi 店内

カレー好きとしては上の写真にある「カレーの恩返し」は試してみなくてはなりませんね。ほんと感度高めのかわいい商品がたくさん、ほぼ日が女性から好かれる理由がよくわかります。

そして、このTobichiの3軒となりにもう1つの店舗「Tobichi2」があります。こちらはほぼ日のグッズ販売ではなく、企画や展示の場所として利用されています。ちょうど今やっているのは「コップのフチ子」で一躍有名になったKITAN CLUB(キタンクラブ)と絵描きの石黒亜矢子さんがコラボした企画「石黒家」。

石黒亜矢子×キタンクラブ「石黒家」

「ばけねこ」をはじめとする妖怪たちが不気味なようなかわいいような。青山墓地が近いということもあって、夕方暗くなり始めたくらいがちょうどいい雰囲気かもしれません。今日が初日ということで12時には到着したのですが、先行販売されている「石黒家」のガチャガチャはもう中が空っぽでした。みんなやりすぎ!石黒亜矢子さんのイラストや手書きのノートも展示されておりサイン本も販売されています。(写真撮影不可)

「ばけねこぞろぞろ」をAmazonで見る
ばけねこぞろぞろ

最後に、キタンクラブのコップにぶらさがる「招き猫」のガチャガチャだけやってきました。戦利品は千客万来の赤猫、カワイイね!!

キタンクラグ ガチャガチャ 招き猫

人気の記事

まだデータがありません。