Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/konfig/konfig.jp/public_html/wp-content/themes/konfig_media/header.php on line 23

北海道土産の新定番にマルセイバターケーキ&マルセイキャラメルを推したい

Pocket

六花亭 マルセイバターケーキとマルセイキャラメル

北海道のお土産スイーツの定番といえば、ロイズの生チョコレート、ルタオのチーズケーキ、石屋製菓の白い恋人、花畑牧場の生キャラメル等々… また最近では、空港限定販売品など新たな人気商品も続々と登場してきているようですが、筆者が一番好きなのはこれまた定番中の定番、六花亭「マルセイバターサンド」であります。

そのマルセイバターサンドで有名な六花亭から、バターサンドの兄弟商品として近年発売され、人気を集めているのがこちら。

 

マルセイバターケーキ

六花亭 マルセイバターケーキ

六花亭 マルセイバターケーキ 5個入 670円(税込)

しっとりとしたスポンジケーキにとろけるチョコガナッシュがサンドされていて、一口食べてみるとバターの風味がふわっと香る。バターサンドほどずっしり感はなく甘さ控えめで、万人に愛されそうな優しい味。

六花亭 マルセイバターケーキ

そのままでももちろん美味しいのですが、冷蔵庫で冷やしたあとに少し常温に戻してからいただくと、冷えて固まったガナッシュとスポンジのふわしっとり感との組み合わせがまた絶妙で、個人的にはこちらもおすすめです。

 

マルセイキャラメル

六花亭 マルセイキャラメル

六花亭 マルセイキャラメル 6袋(18粒)入 530円(税込)

バター風味のキャラメルの中に、マルセイビスケット(※)と大豆が入っている。大粒で柔らかく、口の中でほろほろ崩れる感じが楽しい。ビスケットの存在感はそこまでなく、大豆の香ばしさが印象的。

※マルセイバターサンドのビスケット部分。こちらも商品化されているというのが何とも心憎い。

六花亭 マルセイキャラメル

原料のバター、生クリーム、大豆は全て十勝産を使用しているというのも、お土産としては嬉しいポイント。

 

マルセイシリーズといえば、レトロなパッケージデザインも魅力のひとつ。
マルセイバターサンドのパッケージは、十勝開拓の祖・依田勉三氏の牧場で明治30年代に製造されたバター「マルセイバタ」の缶ラベルのデザインが復刻使用されています。

六花亭 マルセイバターサンド晩成社 マルセイバタ

時代を超えて愛される素晴らしいデザインのひとつですが、作者は不明とのこと。
開拓時代の先人の仕事ぶりに想いを馳せつついただくマルセイシリーズのお菓子。これからも目が離せそうにありません。