独立型ワイヤレスイヤホンの大本命!BOSEのSoundSport Free Wirelessは買いでしょ!?

※本サイトはアフィリエイトプログラム広告を利用しております
Pocket

BOSE ボーズ ワイヤレスイヤホンSoundSport Free

完全独立型のワイヤレスイヤホンの時代が本格的にやってきました。AppleのAirPodsを皮切りにメーカーごとの競争も熾烈化しています。そんな中、BOSEさんが満を持して放つのはSoundSportシリーズの最新モデル、SoundSport Free Wirelessです。最初に言っちゃいますけど、これは最高イヤホンの可能性が非常に大です!!

私はこの商品の登場を待ちに待っていました!なぜなら、私が今まで使ってきたイヤホンの中でBOSEのSoundSportシリーズは最高の評価だったからです。見た目のポップ&クールな印象と音質のバランスが革命的だったこと、そして長時間装着しても耳が疲れないという点も高評価の要因です。

以前、beatsのワイヤレスイヤホン「beatsX」の紹介記事を書きましたが、そこでも思わずSoundSportへの愛を書いてしまいましたしね。。。

ワイヤレスイヤホン「beatsX」デザインは良しでも低音は弱い?

上の記事から数ヶ月が経過していますが、やはりbeatsXのようなインイヤー型(耳の中にチップを突っ込むタイプ)のイヤホンは耳の疲労度が高く、かつ音の広がりも狭い気がします。音ひとつひとつの聴こえはいいのかもしれませんが、音楽が一つにまとまらない、確かそんなことも以前の記事で書いていましたね。決してbeatsXが悪いイヤホンだと言ってるのではありませんよ、SoundSportの音のバランスが良すぎ(私は好き)なんです。

そのSoundSportが完全独立型のワイヤレスイヤホンSoundSport Free Wirelessとして生まれ変わるというのですから、私が買わない理由はありません、もちろん予約しました!SoundSport Free Wirelessの仕様や購入前の実機レビューを少し書きたいと思います。

BOSE ボーズ ワイヤレスイヤホンSoundSport Free 充電ケース

発売日と再生時間と充電スペック

  • 発売日:トリプルブラック(11月17日)、ミッドナイトブルー/イエローシトロン(12月1日)
  • 再生時間:(1回フル充電)5時間
  • ケース充電:(2回分)合計10時間

やはりワイヤレスで一番気になるのは電池ですよね。1回のフル充電で5時間の再生、これは十分な合格ラインと言えます。そしてさらに、付属の充電ケースを使うと2回分(合計10時間分)の充電が可能、かなり長い時間コンセントに頼ることなく音楽を聴くことができます。イヤホン本体、充電ケースともにフル充電済みならば、最大15時間再生が可能ということですね!これは完全独立型ワイヤレスイヤホンの隠れたメリットでもあります。ケーブルありのワイヤレスとの大きな違いですね。

ちなみに、BOSEの店員さんから直接聞いた情報として、このイヤホンの本体には電源ボタンというのがついていないそうです。ケースから取り出した瞬間に電源が自動でONになる仕様。使わない時はケースに戻すことでOFFになります。ケースにしまわずにそのまま放置しておいた場合の電池消費はどれくらいなのか、そこはちょっと気になりますね。

BOSE ボーズ ワイヤレスイヤホンSoundSport Free 装着イメージ

ページ 1 2

人気の記事

まだデータがありません。