Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/konfig/konfig.jp/public_html/wp-content/themes/konfig_media/header.php on line 23

ワイヤレスイヤホン「beatsX」デザインは良しでも低音は弱い?

Pocket

ワイヤレスイヤホンをそろそろ手に入れたい!
iPhone SEを使っている私がワイヤレスに手を出そうと決意したのには理由があります。それはやはりケーブルの断線。断線するごとにイヤホンを買い替えなきゃいけないことにはもう飽き飽きです。ちなみに今まで愛用してきたイヤホンはBOSEさんのSOUNDSPORTというモデル。個人的には今まで利用してきたイヤホン(ヘッドホン除く)の中で過去最高のパフォーマンスでした(あとでその理由説明します)。でも悲しいことにほらこんな状態(左写真)。毎日使っていましたからねよく長持ちした方です。

BOSEスポーツイヤホン BOSEスポーツイヤホン

ズボンの後ろポケットに入れて利用するとどうしてもイヤホンのコネクター部分が一番に被害を被ります。スポーツモデルということもあって過去最高レベルに丈夫なケーブルだったBOSEさん。それでさえもこうなってしまう。もはやケーブルレスの時代にシフトせよ、というお告げがどこからか聞こえた気がします。

でも!beatsXの話に行く前にもう少しSOUNDSPORTの話をさせてください。このモデルは本当に最高だったんです。音質と見た目、そして着け心地、この3点のバランスが優れていました。総合力での勝利です。項目別にその特徴を解説しますね。(beatsXの話はもうちょっと待って)

BOSE SOUNDSPORTの性能

【音質】
耳の奥にイヤーパッドを突っ込む形ではないので購入直後はちょっと音が遠めな印象。ドンドン、シャカシャカといったドンシャリも弱め。しかし!使い込めば使い込むほど音が近づいてきて迫力が増します。数年使い込んだ今ではまさに最高の音を放っています。(あとでも書きますがまだ購入したばかりのbeatsXと比べると圧倒的にSOUNDSPORTの方がいい音でてます。※個人の感想です)

【見た目】
黒と水色のラインがねじれるようにデザインされているケーブルが斬新で最高にクール。このイヤホンを持っている人をよく見かけるので人気が高かったんだなと思います。

【着け心地】
ここです、このSOUNDSPORTを長く使い続けることができた一番の理由。さきほども言いましたが、耳にイヤーパッドを突っ込むのではなく、ラバーで耳の内側に安定して装着させる方式。このタイプ始めての着用だったのですが、全く疲れないんですよっ。そして耳が全く痛くならない。でも人によってはこのラバー部分が馴染めないという声も耳にします。私も最初こそ奇妙な着け心地に驚きましたが、この安定感にして圧迫感のなさは他に勝るモノ無しと感じ速攻で購入を決意したのを覚えています。その判断は私にとっては大正解でした。

さて、ではそろそろbeatsXの話をしましょう。

イヤホンやスピーカーは購入直後はいい音を出してくれません。いい音を鳴らすために最初は音楽を流しまくって馴染ませてあげる、これを「エージング」と言います。とりあえずDay1である今日はエージング前評価となるので音質については後日のレビューにて。

もちろんカラーはブルーを選びました。青が好きなんです私。KONFIGのテーマカラーは青です。BOSEのイヤホンも青選んでましたでしょ。もちろん青は青でもかっこ悪ければ選びません。というわけでまずは見た目から。

beatsXの性能

【見た目】
色はおとなしめのブルー。beatsなだけにもっと強い青でもよかった気がしますが、この色ならば女性も使いやすい。おしゃれさんがこの色のイヤホンしていたら、さすがだね!と言ってしまうかも。

上写真は箱から取り出したデフォルトの状態。このイヤーチップを別のチップに変えし、さらに耳への安定感を高めるためのサポートパーツを装着。そうすると下のような写真になります。これが現時点で私にとってベストなbeatsXの出来上がりです。イヤホンを自分仕様にカスタマイズするのはとても楽しい時間。

でも首にぐるっとまわすケーブル部分が少し長いかな〜、ケーブルの長さ調節機能は欲しいかも。もしくはケーブルがもっと柔らかいのなら気にならないかもしれません。(使っていくうちに柔らかくなっていくといいですね)上写真の左右ロゴマークのbとbの部分にはマグネットが仕込まれているので2つのイヤホンがカチャっとくっつきます。なので、音楽を聴いていない時でも首からぶら下げたままで落下の心配がありません。

【着け心地】
BOSEに慣れすぎた自分がいて困っています。。。耳の穴にイヤホンを突っ込むのが苦手になっていました、、、。でも使ってみないと買った意味が無いので、チップを写真のウィング状のものにしたことで多少圧迫感軽減できました。イヤホンが耳からポロリと落下してしまう心配は無用、耳にはぴったりはまっています。

【音質】
低音がやはり弱め。beatsのイヤホンを経験したことがある人からすれば、間違いなく低音は弱いと感じるでしょう。とはいってもbeatsは低音がただ大きいだけというわけではなく、聴いていて楽しくなる低音を最初から鳴らしてくれる、そういうブランドです。なのでどうしてもbeatsの割には低音が弱めかなという印象になってしまいます。ただし、楽器の1音1音やそれぞれの楽器の音の位置はとてもよく聞こえてきます。BOSEのSOUDNSPORTではふわっとして聴こえていなかった音がこっちだと聴こえたりもしました。ここはもう好みですね、はっきり聴こえるのが好きな人にはちょうどいいでしょう。

beatsXの音

【Bluetoothのペアリング性能】
驚くほど簡単にペアリングできます。電源ボタンを1秒押しただけでiPhoneの画面にイヤホン本体写真があらわれます(写真)。わかりやすい。こんな簡単なペアリング初めて!Bluetoothの性能もバッチリで、イヤホンをしたままリビングから洗面所まで行ってみましたが全く途切れませんでした。なんて強い無線力なんでしょう!

文句無しに最高!と現時点ではまだ言えないのが残念。でもbeatsブランドとしての実力が発揮されるまでまずは使い続けてみようと思います。実力を見せてください!楽しい音楽聴かせてください。もう2,3日使いこんでまたレポートします。

(追記)
1週間以上使ってみたレポートをまとめました。かなり好印象に変わってきましたよ♪
↓ 記事はこちら
イヤレスイヤホンbeatsX 1週間後レポート

(2018年5月22日追記)
1年以上経って、いまさらながらイヤーチップが外部メーカーのものにつけかえたら、音質が劇的に向上したので新たな記事書きました。BeatsXの音に不満を感じている方はぜひ試してみてください。
↓ 記事はこちら
BeatsXのイヤーチップ交換で音質を向上させる方法